合宿免許 平成パーキング 空港の駐車場

指定文化財

文化財はその地域の宝。住民が力をあわせて保存していく必要があります。その一方、観光にも役立つため、産業の一貫としても重要な意味を持っています。では狭山市にはどのような文化財があるのでしょうか。

 

市の指定文化財は建造物から絵画、彫刻、工芸品まで多岐に渡ります。その中でも特筆すべきなのが無形文化財の「笹井豊年足踊り」。これは上覧囃子とも呼ばれているもので、江戸時代に川越藩主が上覧したことからこの名称が付けられています。左足にヒョットコの面と男性用の衣装、右足にオカメの面と女性用の衣装をつけて演じるというユニークな踊りが特徴的です。なお、4月に豊作の祈願のため、10月に豊作を祝って踊られることから「豊年足踊り」という名称が付けられました。

 

無形民俗文化財も忘れてはならないでしょう。狭山市内には古くから語り継がれ、受け継がれてきた民俗が数多く残されています。とくに「入曽の獅子舞」と「梅宮神社の甘酒祭り」は県指定の文化財となっています。他にも八幡神社の鹿子舞、広瀬浅間神社の火祭り、お諏訪さまのなすとっかえなども市指定の無形文化財となっています。

 

美術では「白髭神社韋駄天の額」「桃園三傑図」「絹本着色釈迦八相図」といった絵画、「慈眼寺阿弥陀如来像」「木造聖観世音菩薩坐像」といった彫刻が指定されています。どれも一見の価値がある文化財ばかり。狭山市を訪れた人はもちろん、地元の人も改めてこの地域で培われてきた歴史を伝える文化財に触れてみてはいかがでしょうか。


風俗千葉デリヘルスタイル

千葉風俗デリヘル情報!船橋・松戸・柏・成田など、千葉県全域の優良店を厳選紹介!
www.fuzoku-chiba49.com/