合宿免許 平成パーキング 空港の駐車場

特産品

草加といえば「草加せんべい」を連想する人も多いのではないでしょうか。全国的に知られる草加市の特産品です。草加市内、とくに草加駅周辺の商店街では今も草加せんべいを売る店が立ち並んでおり、古きよき宿場町の風情を今に伝えています。

 

そんな草加せんべいはまさに草加市を代表する特産品です。そのルーツはまだ江戸時代にまで遡るとされています。当時余っていた米を保存するために保存食として作られるようになったのがきっかけとされ、幕末になって醤油を塗るようになり現在の形になったといいます。草加せんべいが全国的に知られるようになったのは大正時代になってから。とくに明治天皇に献上されたことはこのせんべいのブランド化を一気に加速させ、「せんべいといえば草加せんべい」というイメージを植えつけることに成功しました。市内には「草加せんべい発祥の地」という碑も建てられています。

 

ただ、草加市の特産品はせんべいだけではありません。他に有名なのが皮革。もともと都心に近く、水に恵まれた立地条件にあったため、皮革産業が重要な産業として発展してきたのです。牛革のほか、爬虫類やサメなど多彩な素材を使用した製品を取り扱っていることで知られ、とくにカバンで有名です。ブランド化も進められており「ASOKA(あそか)」「ASOBE(あそべ)」などからオリジナル製品が発売されています。

 

また染色業も古くから発達しており、とくにゆたかで有名です。草加市とゆかたを結びつける人は少ないかもしれませんが、じつは東京本染め浴衣の大半は草加で作られているのです。このように、草加市は私たちの日常生活にも深く関わる特産品に恵まれた地域でもあるのです。