合宿免許 平成パーキング 空港の駐車場

史跡

蕨市の歴史は古く、その名称は中世にはすでに登場しています。また江戸時代には中山道の宿場町として繁栄しました。現在でも当時の名残を伝える史跡や建築物が多く、風情溢れる雰囲気に溢れている地域となっています。

 

ではそんな蕨市にはどのような史跡があるのでしょうか。まず「三學院」。真言宗智山派に属する寺院で、創建は中世後期、元亀年間(1570〜1572年)と推測されています。江戸時代には関東七ヵ寺のひとつとして繁栄しました。とくに名高いのが本尊となる十一面観世音菩薩像で、慈覚大師の作とされています。

 

それから「長泉院」。こちらには真言律宗のお寺。1753年創建、特徴としては檀家をもたない祈願寺として創建されたこと。そして円実という沙弥(しゃみ)によって創建されたことから「おしゃみ」という愛称がつけられています。とくに梵鐘は市の指定文化財に定められており高い価値を持っています。

 

神社では「塚越稲荷社」。創建年代こそ不明ですが、江戸時代には「東の稲荷」とも呼ばれ、地域を代表する稲荷社として繁栄しました。それから「和樂備(わらび)神社」。蕨市を代表する寺院といってもよいでしょう。江戸時代には「蕨八幡」と呼ばれて繁栄しました。また、現在の名称になったのは明治44年。その名称から縁結びの神様として多くの人から尊崇を受けています。面積が狭い市ゆえ、見所が少ない印象もある蕨市ですが、実際にはこうした魅力ある史跡も少なくありません。訪れた際にはこうしたところを巡ってみてはいかがでしょうか。


風俗神奈川デリヘルスタイル

川崎 相模原 町田 厚木 大和 横浜 横須賀 小田原の、神奈川の優良風俗デリヘルを紹介!
www.fuzoku-kanagawa49.com/